事業報告

公益財団法人富山県労働福祉基金2016年度決算報告
財務諸表に対する注記

1.重要な会計方針
  (1)有価証券の評価基準及び評価方法
     @ 満期保有目的の債券 ・・・・・償却原価法(定額法)によっている
     A 満期保有目的の債券並びに子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券
        時価のないもの  ・・・・・移動平均法による原価法によっている
  (2)消費税等の会計処理
      消費税等に会計処理は、税込方式によっている

2.基本財産及び特定資産の増減額及びその残高
  基本財産及び特定資産の増減及びその残高は、次のとおりである
科 目  前期末残高  当期増加額  当期減少額  当期末残高 
 基本財産        
  投資有価証券  200,163,000   71,500  200,091,500
  定期預金  46,565,500      46,565,500
  普通預金  429,000  71,500    500,500
 小  計  247,157,500  71,500  71,500  247,157,500
 特定資産        
  運用目的積立資産  53,186,000      53,186,000
 小  計  53,186,000      53,186,000
 合  計  300,343,500  71,500  71,500  300,343,500

3.基本財産及び特定資産の財源の内訳
  基本財産及び特定資産の財源等の内訳は、次のとおりである
科 目  当期末残高  (うち指定正味財産からの充当額) (うち一般正味財産からの充当額) (うち負債に対応する額)
 基本財産        
  投資有価証券  200,091,500 (200,091,500)
  定期預金  46,565,500 (46,565,500)
  普通預金  500,500 (500,500)
 小  計  247,157,500 (247,157,500)
 特定資産  
  運用目的積立資産  53,186,000 (53,186,000)
小  計  53,186,000 (53,186,000)
 合  計  300,343,500 (300,343,500)

4.満期保有目的の債券の内訳並びに帳簿価格、時価及び評価損益
  満期保有目的の債券の内訳並びに帳簿価格、時価及び評価損益は、次のとおりである
種類及び銘柄 帳簿価格 時  価 評価損益)
  利付国庫債券第286回 100,000,000 100,460,000 460,000
  東京都公債第681回 100,091,500 104,150,000 4,058,500
 合  計 200,091,500 204,610,000 4,518,500

5.補助金等の内訳並びに交付者、当期の増減額及び残高
  補助金等の内訳並びに交付者、当期増減額及び残高は次のとおりである。
補助金等の名称・交付者 前期末残高  当期末増加額 当期末減少額 当期末残高  貸借対照表上に記載区分
 補助金          
  富山県補助金 1,615,00 1,615,000  
  市町村会館管組合補助金 589,000 589,000  
  普通預金 2,422,500 2,422,500  
 小  計 4,626,500 4,626,500  

6.重要な後発事象
  重要な後発事情は、ありません。

付 属 明 細 書

 基本財産及び特定資産については、財産帳票に対する注記の記載のとおりである