事業報告

公益財団法人富山県労働福祉基金2017年度事業報告
付加給付事業の概要について
(1)保養施設の利用補助事業について
  勤労者の福祉向上として保養施設利用補助事業は、昨年より237名減少し4,590名の利用となりました。
 今年度契約施設は14 施設です。一人年1回@500 円(▲300円)の補助しました。
 ・ 2017年度利用者数   4,590 名(前年度4,827 名)
 ・ 給付金額     2,369,700 円(前年度3,861,600 円)

 
上半期
(4~9月)
下半期
(10~3月)
今年度合計
前年度合計
増減
ゆ~とりあ越中
743
912
1,655
1,904
-249
越中庄川
620
739
1,359
1,374
-15
グリーンビュー立山
37
26
63
76
-13
いこいの村磯風波
50
68
118
208
-90
呉羽ハイツ
228
286
514
376
138
ホテル渓仙
8
2
10
14
-4
白樺ハイツ 1 16
17
60
-43
磯はなび
151
194
345
356
-11
とやま自遊館
0
32 32 58
-26
立山グリーンパーク吉峰
23
0
23
32
-9
金太郎温泉
11
163
174
200
-26
ひみのはな     32 116     148     124    24
つるぎ恋月   40 92     132     35     97
IOX−ヴァルト    0 0    0    10    -10
1,944
2,646
4,590
4,827
-237


(2)夏季「太閤山ランドプール」・「魚津ミラージュランドプール」の利用補助事業について
児童・青少年の健全育成や勤労者と家族の健康増進事業として、太閤山ランド内の「プール広場」と「魚津ミラージュランドプール」の利用料金の利用補助を行いました。2017年は昨年度より647名の減少となりました。
<「太閤山プール」利用状況 >

開設期間 2017年7月23日〜2017年8月31日
太閤山ランド
プール利用補助
一 般
500 円
1,636名
818,000 円
(前年度 1,928 名)
高 校 生
400 円
56 名
22,400 円
(前年度  45 名)
小中学生
310 円
1,169名
362,390 円
(前年度 1,340名)
幼 児
100 円
119 名
11,900 円
(前年度 164 名)
  合計
2,980 名
1,214,690 円
(前年度 3,477名)
利用券配布枚数 8000 枚
利用者数 2,980 名   (対前年 ▲497名)
支払金額 1,214,690 円(対前年▲199,110 円)

<「魚津ミラージュランドプール」利用状況 >

開設期間 開設期間 2017 年7 月22 日〜2017 年8 月31 日
魚津ミラージュランド
プール利用補助
一 般
350 円
580 名
203,000 円
(前年度 655 名) 
小中学生
230 円
317 名
72,910 円
 (前年度 378 名)
幼 児
70 円
88 名
6,160 円
 (前年度 102名)
 
985名
282,070 円
 (前年度1,135 名)
利用券配布枚数 5,000 枚
利用者数 985 名 (対前年 ▲150名)
支払金額 282,070 円(対前年▲41,260円)


(3)信用保証料給付事業について
子育て支援事業として富山県と労働金庫での協調融資による「出産・子育て資金」保証料助成と2009 年5 月18 日から実施した富山県勤労者生活安定資金融資制度「離職者生活安定資金」融資の保証料助成を行いました。
・ 利用者の概要
   出産・子育て資金融資保証料  0 名(前年度 2 名)
   離職者生活安定資金融資保証料 0 名(前年度 0 名)
               合 計 0 名(前年度2 名)
・ 給付金額  0 円(前年度15,840 円)

(4)スキー場リフト券の補助事業について
地域社会の健全な発展と活性化に向けた事業や健康づくり・子育て支援事業として、立山山麓スキー場(極楽坂・らいちょうバレー・あわすの)リフト利用補助券を発行しました。スキーシーズン券は一人@800 円の補助を行いました。グリーンシーズン券は発行しなくなりました。スキーシーズン券は1月大雪により利用者が減少しました。

・利用有効期間 立山山麓スキー場    2018年2月28日まで
あわすのスキー場    2018年2月28日まで
IOX−AROZAスキー場  2018年2月28日まで
・契約施設 大山観光開発(株)、特定非営利活動法人あわすの、IOX−AROZAスキー場
・利用者数 1,893名(対前年 20名)
・給付金額 1,514,400円(対前年 33,700円)
・利用内訳 極楽坂・らいちょうバレースキー場 752名
あわすのスキー場         512名
IOX−AROSAスキー場       629名


(5)文化施設利用補助事業について
文化及び芸術の振興事業として、県の美術館(富山県美術館・水墨美術館・高志の国文学館)及び高岡万葉歴史館富山市郷土博物館・佐藤記念美術館・富山市民俗民芸村・富山市科学博物館・富山市天文台9施設の入館割引補助券を発行しました。特に特に新しくオープンした富山県美術館243名の利用がありました。

・利用有効期間 2017年4月1日〜2018年3月31日
・契約施設 2017年度9施設契約
富山県美術館      243名  (前年度 111名)
富山県水墨美術館 159名  (前年度 105名)
高志の国文学館 52名   (前年度 55名)
富山市郷土博物館 26名  (前年度 14名)
佐藤記念美術館 8名  (前年度 11名)
富山市民族民芸村  40名  (前年度 17名)
富山市科学博物館 187名  (前年度 240名)
富山市天文台  12名  (前年度  12名)
高岡万葉歴史館  26名  (前年度  3名)
  合計            753名 (前年度 568名)
 ・利用者数 753名   (対前年  185名)
・補助金額 195,220円 (対前年 44,720円)